So-net無料ブログ作成
検索選択
ルアー釣り ブログトップ

20年前のシーバス・タックル [ルアー釣り]

釣り道具も保管しているレンタル倉庫を探してみると、
20年以上前のシーバス・タックルが出てきました。

先ずロッドは、リョービ
ロッドーP6080008.JPG
ロッドーP6080003.JPG
GFXヘリカルZエンターテナースペシャル902L
自重250g、ルアー重量7~28g、定価28,500円。

そして、リールもリョービ。
PA300RD-P6080008.JPG
PA300RD-P6080009.JPG
PA300RD
自重350g、3号290M、4号200M、5号160M、定価不明。
リアドラグタイプ。

もうひとつのリールはシマノ。
Carbomatic3000-P6080007.JPG
Cabomatic3000-P6080010.JPG
Carbomatic3000
自重350g、3号280M、4号210M、5号170M、6号140M、定価不明。
ギアー比4.6

リールはどちらも日本製でした。

復帰時期は未定ですが、近いうちに海に連れていきます。
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

20年前のシーバス・ルアー釣り [ルアー釣り]

だんだんガソリン代が高くなってきたので、近場で釣りをしようと思い、

そこで、思い出したのが、シーバス

これから、昔使っていたロッドやリールを探してみようと思いますが、


そもそも、ルアー釣りに興味を持ったのは、約35年前の高校時代。

ルアーを知っている人も、やっている人も周りにはいない状態。


情報は、ほとんど洋書からという時代で、

日本語の本は、奥只見の魚を育てる会 代表、スプーンクラブ 会長

の常見 忠氏の著書ぐらいです。

いつか銀山湖に行ってスプーンを使って釣りをしてみたいと思っていました。



ルアー自体の値段は、当時も千円から2千円の間、

ロッド、リールの値段も今とあまり変わらないようです。

ただし、機能については、格段の差があるようですが、

ラインについて、特にPEラインはありませんでした。



20年前のシーバス・ルアー釣りの教科書はこれ…

ザ・シーバス.jpg

中央でシーバスを持っているのは誰?

実は、村越正海氏です。


そして、もう1冊。

徳永兼三氏、徳永弘志氏、兄弟の共著。

スズキ ルアー釣り.jpg

兼三氏が1955年生まれ、弘志氏が1958年生まれですから、

私は二人の間に生まれたことになりますね。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ
ルアー釣り ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。